マイホーム

マイホームを購入するときはどのタイミングで購入したら良いのか

マイホームを持ちたいという夢があるけれど、具体的にどのようなタイミングで購入すれば良いのか分からないという問題を抱えている人は少なくありません。タイミングを誤ってしまうと、もう少し貯金しておけば良かった、もっと早く決断しておけば良かったと後悔することになるので、実際に住宅を購入している人のタイミングの決め方を知っておくと良いでしょう。

どのタイプの住宅を購入する場合も、30代から40代にかけて購入者が多い傾向がありますが、住宅の種類によって平均年齢は少しずつ違ってきます。種類ごとに平均年齢を確認すると、分譲戸建住宅は約39歳、新築注文住宅は約41歳、分譲マンションが約42歳、中古戸建住宅が約46歳であることを知っておきましょう。ただし、これはあくまでも平均年齢であり、20代や30代前半で住宅建築や購入を行っている人もいますし、もっと年齢を重ねてからマイホームを持つ人もいます。分譲戸建住宅や注文住宅、分譲マンションや中古戸建住宅のいずれを購入する場合も、平均年齢を参考にするのであれば30代から40代にかけて購入することになるでしょう。

ですが、30代や40代であっても十分な貯蓄や支払い能力がなければマイホームを購入することは難しいですし、反対に若くても十分な収入や貯蓄があればマイホームを買うことができます。年収の5倍ほどの価格であれば家を買うことができると言われることが多いですが、実際にはそれ以上の費用となってしまうことが多いので注意が必要です。現実的には、1年の住宅ローン返済額が年収の25%におさまる状態であれば無理なく返済できると言われることが多いため、年収500万円の人であれば年間返済額が125万円ほどであれば生活費を無理に削ることなくマイホームを購入できるでしょう。

年齢や収入以外には結婚や出産、両親との同居を始めとする様々なライフスタイルの変化をきっかけとしてマイホームを買う人が多く、この場合も30代から40代が多いと言えます。タイミングに迷ってしまう人は非常に多いはずですが、無理なく住宅ローンを支払うだけの返済能力がある場合は、思い立ったときやライフスタイルの変化に合わせて買うことがおすすめです。平均年齢であったとしても返済負担額が非常に大きくなってしまい、無理のある生活を送ることになる場合は、貯蓄を優先してマイホームはもう少ししてから買うという選択をすることもできます。平均年齢だけを参考にするのではなく、自分たちの収入や返済能力をきちんと考慮してタイミングを決めると、マイホームを買った後で後悔するリスクが下げられるでしょう。

関連記事
noimg
これってわがまま?新築を建てたけどリフォームしたくなったら

新築で家を建てたのに、住んでいるうちに内装や外観を変えたくなった、ライフスタイルの変化に合った内容にしたくなったと考える人は多いと言えます。

記事を読む

お家
本当に怒っています!新築を建てたのに欠陥だらけだった

新築でマイホームを建築したにもかかわらず、完成したものが欠陥だらけであることが判明すると強い憤りを感じるはずです。こういったトラブルは家

記事を読む

noimg
家を建てた時、これは良かったと思う設備

家を建てる際には自分たちで取り入れる設備を決めていくことができますが、良かったと感じている人が多い設備を参考にして導入するものを決めることが

記事を読む

noimg
家づくりをするなら断熱材にこだわろう

家づくりを行うときには見える場所にこだわる人が多いですが、断熱材のように目に見えない部分もこだわることが大切だと言えます。断熱材を取り入れる

記事を読む

noimg
新築でもシロアリは発生するので、予防対策をまとめておいた

シロアリは古くなった建物に発生するものだと勘違いする人は非常に多いですが、新築でもこの問題が発生してしまうことがあると知っておく必要がありま

記事を読む

noimg
私がマンションではなく一戸建てを選んだ理由

これから住まいを持とうとしている人の中には、マンションにすべきか一戸建てにすべきか迷ってしまう人もいるはずですが、一戸建てを選ぶことにはたく

記事を読む

新築の家
家づくりの前に、やっておけばよかったこと

マイホームを建てるときにはハウスメーカー選びや設計決めなど様々なことを行う必要がありますが、本格的に家づくりを始める前にやっておくべきだ

記事を読む

noimg
新築を購入して欠陥が発覚した時にしておきたい対処方法

新築で住宅を購入して欠陥が発覚するケースもありますが、その際には泣き寝入りするのではなく、正しい方法で対処することが大切だと言えます。入居前

記事を読む